B型肝炎給付金

 B型肝炎給付金とは、過去に行われていた杜撰な集団予防接種(昭和23年7月1日~昭和63年1月27日までの間に限る)によって、B型肝炎に感染した方(感染した方から母子感染した方)や、その相続人の方に対し、国から支給される給付金をいいます。

 

 B型肝炎に感染している方で、感染経路が不明な方は、この集団予防接種によって感染させられた疑いがあります。B型肝炎給付金の請求は、国に対して国家賠償請求訴訟を提起する必要があり、弁護士の関与なく請求することは難しいですから、まずはお気軽にご相談ください(相談料無料)。

 

 当事務所はB型肝炎給付金請求に関しても豊富な経験を有しており、原則として完全成功報酬制でお引き受けしています。また、B型肝炎事件については原則として宇都宮市内の協力弁護士とともに複数弁護士体制で対応いたしますので間違いのない事件処理が可能です。